玄関ドアへ雨水の侵入を防止する簡単な格安対策

 

台風がすぎた後、このようなことでお困りではないでしょうか?

 

 
玄関水浸しの人
台風で玄関が雨水でびちゃびちゃ!
なんで?どうすればいい?

 

このような悩みを解消します。

 

私は大型台風(2019年10月12日の台風19号)をこの方法で乗り切りました。

 

本記事では、玄関ドアへ雨水の侵入を防止する簡単な格安対策を紹介します。

 

その対策とは、

玄関ドアの下をふさぐ

です。

 

えっ!?これだけ?

そうなんです。これだけです。

 

水浸しになる理由と具体的な対策を説明します。

 

なぜ玄関ドアから雨水が侵入するのか?

 

結論として、玄関ドアに水の侵入を防ぐ機能がないからです。

 

居間にあるガラス窓から雨が入り込んだりしませんよね。

ガラス窓には水の侵入を防ぐ機能(水密性能)があるんです。

 

しかし、玄関ドアには水密性能がありません。

 

水密性能がない理由は、

・ポーチ屋根により通常の雨風は防げる(という前提)

・玄関ドアと居室の間にある土間はタイルで出来ているので濡れても問題ない(という前提)

・玄関ドアに水密性能を要求する規格がない

からです。

 

すなわち、土間は濡れるものとして建物が出来ているんです。

 

いやいや、

濡れたら拭かなくちゃいけないから面倒でしょ!

台風のときはポーチ屋根で防げないでしょ!

と思いますよね。

 

でも、水密性能がない玄関ドアが一般的なんです。

 

雨水侵入を防止する簡単な格安対策

 

玄関ドアに水密性能がなければ、自分で付ければいいのです。

 

その水密性能の付け方をご紹介します。

 

まず、玄関ドアの水密性能を付けるのはドア下が優先です。

 

理由は、強い雨が床を跳ね返り土間に入り込んでいて、上左右は跳ね返らないのであまり入り込まないためです。

 

単純にドア下に隙間が空いてるので埋めましょう。

 

埋める素材は以下がオススメです。

・新聞

・ダンボール

・タオル

・ホース

 

今回は再利用可能なホースをご紹介します。

 

まず、100均でホースを購入します。

 

 

切り込みを入れてゴムパッキンにします。

 

 

平らにするためくるっと巻いて。

 

 

輪ゴムでとめて10分くらいおいておきます。

 

 

できたら、玄関ドア下に挟みます。

 

 

これで完成。

 

一度作ってしまえば新聞やダンボールより後始末が楽です。

 

気になる方は内側から玄関ドア下にタオルをおくと良いでしょう。

 

うちはこの方法で台風15号の時びちゃびちゃだった土間が、19号の時に全く濡れませんでした。

 

まとめ

 

玄関ドアへ雨水の侵入を防止する簡単な格安対策を紹介しました。

 

玄関ドアは水密性能がないこと、土間は濡れるもの。

 

そして、玄関ドアに水密性能を付ければ、台風を乗り切れることがわかりました。

 

もしお困りのことが解消できましたら幸いです。

 

以上、ちょいらくだでした。